ブレスマイルクリア

ブレスマイルクリアとオーラパール、アパガードを比べてました!成分で選ぶなら!

最近では自宅で歯の着色汚れをケアするのが大人気ですね。

歯磨きをしない人はいないと思うので、歯磨き粉を変えるだけで始められるのはお手軽だし魅力的に感じますよね。

でもここで気になったことがあるんですよね。実際どの歯磨き粉がいいの?実はブレスマイルクリアを製造している会社は日本ゼトックというのですが、着色汚れにオススメの歯磨き粉意外とたくさん販売してます。

今回は着色汚れが取れる!製造会社が同じ歯磨き粉を比較しました!比較すると成分の違いがあり症状別で選ぶのがいいですよ。

[outline]

ブレスマイルクリアとオーラパール、アパガードを症状別で比較!

ブレスマイルクリア オーラパール アパガードプレミオ
歯を滑らかにする
初期虫歯の修復
歯垢の除去
歯石の沈着防止
ヤニ汚れ除去
歯茎の腫れ、炎症
歯周病予防
殺菌作用

 

  • ブレスマイルクリア
  • オーラパール
  • アパガード

 

さすが!というべきでしょうか。

同一会社が製造しているだけあり、1本でまとめて口腔内のケアができるみたい!

 

さらに突っ込んで、成分面からそれぞれの歯磨き粉の性格を比較しました。

 

ブレスマイルクリアとオーラパール、アパガードの成分から比較!

ブレスマイルクリアとオーラパール、アパガードはすべて同じ会社が製造している美白に特化した成分を配合している歯磨き粉!

どんな違いがあるのか成分面を比較してみると、それぞれの効果が見えてきました。

ブレスマイルクリア オーラパール アパガードプレミオ
着色汚れ ゼオライト mHAP(ハイドロキシアパタイト) mHAP(ハイドロキシアパタイト)
ヤニ汚れ ポリエチレングリコール400 マクロゴール400 マクロゴール400
虫歯予防 フッ化ナトリウム mHAP(ハイドロキシアパタイト) mHAP(ハイドロキシアパタイト)
口臭予防 塩化セチルピリジニウム 塩化セチルピリジニウム 塩化セチルピリジニウム
歯茎の引き締め 塩化ナトリウム
歯茎の抗炎症 グリチルリチン酸ジカリウム グリチルリチン酸ジカリウム グリチルリチン酸ジカリウム

 

  • ブレスマイルクリア
  • オーラパール
  • アパガードプレミオ

 

着色汚れもヤニ汚れもケアができるのは確か!ポリエチレングリコールもマクロゴールも呼び方は異なるけれど、同一みたい。

 

ブレスマイルクリアはゼオライトとフッ化ナトリウム。

オーラパールとアパガードはmHAP(ハイドロキシアパタイト)。

 

オーラパールだけ、塩化ナトリウムの歯茎の引き締め効果も期待できそうです。しかし海水を飲んだような塩辛さが残るので好みがわかれるかなって感じました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

  • ブレスマイルクリア
  • オーラパール
  • アパガード

 

を比較しました。

同じ製造元(日本ゼトック)ということもあり、信頼性は抜群!ほかにも歯科専売のルシェロホワイトなども同じ会社でしたよ!

 

すべて薬用扱いの医薬部外品であり、厚生労働省が認可した効果、効能が認められた成分が一定濃度配合されているため、効能が認められています!

 

あとは使いやすさやとなる香味くらいでしょうか。

 

  • ブレスマイルクリア、アパガード=ミント
  • オーパパール=ミント+塩

 

好みが分かれるところですね。

毎日使いやすく効果を実感できたものを選ぶのがベスト!だけれど使ってみないとわからないのが正直なところなんですよね。

 

私が選んだのはブレスマイルクリア!返金保証があり初回が1280円と手軽なのがメリットでした。ブレスマイルクリアの体験談もまとめたので合わせて読んでみてほしいです。

[blogcard url=https://www.langlaufen-vinschgau.com/langlaufgebiete/]

歯が真っ白になった!という広告を目にしますが、専門医での施術がない限り真っ白になることはないと歯科医もおっしゃっています。

歯の色は判断に悩むものでもありますし、時間もかかるので毎日の歯磨きを変えるだけで始められるのは大きなメリットに感じますよね。

あなたはどの歯磨き粉使いますか?成分と症状で選んでみてくださいね!